メルカリで値下げを断っても大丈夫ですか?

mel3

メルカリは、フリマアプリです。フリーマーケットの醍醐味と言えば、売り主との交渉ですね。もう少し安くなりませんか?とかこれいいですねとか、そういった会話を楽しむのもフリマの面白いところです。

ただ、実際のフリーマーケットと違い、メルカリの場合は相手の顔が見えません。

相手の表情や雰囲気を感じ取ることができないというのが、アプリと実際のフリーマーケットとの違いでもあるのです。

今日は、メルカリで自分が出品者になった時に、値下げのお願いをされたらどうするか?についてお話したいと思います。


【メルカリで値下げは必要なのか?】

顔の見えないメルカリでは、購入者もシビアに商品を見てくることが多いと思います。良い商品が安く出ていれば、相手に関係なく商品を購入するということです。

逆に、顔が見えませんから、値引きしてもらえたらラッキー程度の考えで値下げを依頼してくる人もいるんですね。

私は普段からメルカリに出品していて、結構な確率で値下げの要請を受けます。結論から言うと必ずお断りするようにしています。

私が購入者からの値下げを断る理由は以下の通りです。

1、出品時には必ず同じような商品の価格を調査している

2、送料込みに設定して、購入者の負担を減らしている

3、出品価格はそもそも儲かる価格ではない

4、出品数が多いので、値下げしたらすべてに対応することができない

5、時間をかけてかなり丁寧な梱包をして送品している

中には、本当にお小遣いが足りなくてとか、ほかでもっと安く出ているのに、私から購入したくて値下げを要請してくる方もいらっしぃます。

そういった場合は本当にうれしくて、メルカリのようなフリマアプリでも、対人間ということを感じさせてくれる瞬間です。

ですから、値下げをお断りするときは、どんな時でも丁寧な言葉で行うように心がけています。

今のところ、このように対応していて、不快な思いをしたりすることはありません。

おかげさまで、購入してくれた方からの評価は、良いばかり、ふつうや悪いを付けられたことは一度もありません。

自分が出品すれば、必ず購入者との何らかのコミュニケーションは発生します。

値下げをお断りすることも含めて、自分がお店を出していることを楽しんで、親切・丁寧を心がけていきたいと思います。

スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

mel2

2015.5.17

メルカリのトラブル「専用」って何?

メルカリの商品を何気なく見ていると、「Aさん専用」とかいう商品名に変更されているものを見かけることがありますね。うっかり購入してしまうとトラ…

ページ上部へ戻る