メルカリの発送方法 洋服編

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

メルカリで洋服を送るときに、発送方法に迷ったことはありませんか?

洋服は、軽くて、安くて、壊れないという、通販の3大原則にマッチしている商品なので、できるだけ送料を安く済ませたいと考えるのが自然です。

今回は、私が洋服を送るときにどのようにしているか?についてのお話です。

結論から言いますと、私が洋服を送るときは、らくらくメルカリ便の最小サイズ(600円)のものを使用しています。

洋服を取り扱うときには、もしかしたらネコポス(195円)や宅急便コンパクト(360円+専用箱65円)でも送れるんじゃないか?と考えていたのですが、ネコポスではちょっと無理がありますし、宅急便コンパクトでもしっかりとした梱包はできないと判断しました。
そもそも、宅急便コンパクトの場合は、本当に大丈夫か?という不安があるのと、425円かかりますから、600円のメルカリ便でも大差は無いかな?と思って使用を見送ることにしました。

IMG_1543

私が洋服を送るときは、まず洋服をしっかりとたたんで、ビニール袋に入れ、ぬれたりしないようにテープで止めるなどします。

そして、宅急便で使用する厚紙でできた防水加工が施された袋を準備し、丁寧に入れます。

数がまとまるほど、たくさん入れることができます。

これでも心配でしたら、洋服を更にプチプチにくるんで・・というように、できるだけ丁寧に梱包してあげます。

IMG_1544

使っている紙袋はこちらなのですが、この袋がかなり便利です。

以前、この袋を使用してボイスレコーダーやオーディオプレーヤーなどの電子機器も梱包して送ったことがあります。

購入者の方からは、「丁寧な梱包ありがとう」というコメントが付きましたし、袋は再利用が可能なので、ゴミになることはありません。

洋服1枚で600円の送料って、かなり高いような気もしますけど、そこはもうあきらめるしかないと思っています。

適当な梱包をして、相手の方に不快な思いをさせるよりましですし、何より自分自身が納得できる状態で出荷したいと考えているからです。

≪続きを読む≫

スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

d0ade6533f970ce003724592665d1e26_s

2017.5.3

メルカリが無法地帯に?妊娠菌や換金目的も・・

マナーを守って個人売買を楽しみたい人たちには本当に迷惑な話です。メルカリに換金目的の現金が出品されたり、ありもしないでたらめな商品を出品して…

ページ上部へ戻る