メルカリのトラブル「返品のしかた」

mel12

メルカリは個人同士のやりとりです。購入者側として心配なのは、届いた商品が自分が思っていたものと異なっていたりとか、商品の程度が、出品者が記載していたものと違うと感じた場合には、返品したくなります。

自分がメルカリで商品を購入する場合には、自分のイメージと少しでも違っていたり、商品の紹介文があいまいでわかりにくいものは購入しません。特に洋服や小物などは、傷や汚れの感覚が人それぞれ違いますから注意が必要です。

今日は、自分が購入者の立場の時に、もし返品したい場合どうしたらいいか?について説明させていただきたいと思います。


【メルカリで返品しなければならないとき】

たとえ購入する側でもマナーがありますよね。出品者がきちんとした商品を送ってきた場合、イメージと違うからと言ってやたらと返品したい・・と思うのはダメです。やはり購入する側も、事前に出品者に商品について気になる点があったら質問するとか、そういった配慮は必要でしょう。

返品が発生するのは、やはり出品者が壊れた商品を送ってきたり、穴の開いた洋服を送ってきたり、商品に欠陥がある場合になります。この場合は、出品者にすぐに連絡して、返品の対応をしてもらうようにしましょう。

商品を受け取って、出品者を評価してしまうと、取引が成立してしまいますので、商品のチェックは評価前に必ずおこなってください。

万が一、明らかに商品に欠陥があって、取引相手が返品に応じてくれない場合には、遠慮なくメルカリの事務局に相談しましょう。

ちなみに、私は現在まで、返品をしたこともありませんし、出品した商品を返品されたこともありません。知り合いで洋服を返品されたケースを知っていますが、それは出品者も気が付かなかった虫食いがあって、購入者からクレームがついた話です。

その時は出品者が謝罪して、返品を受け入れ、購入者も納得されていましたが、評価は「悪い」をつけられていました。出品するときには、出品した商品に欠陥が無いかどうか?商品の説明文に誤りが無いか?注意してくださいね。

よりよいメルカリ生活を送るために、出品するときは、何でもかんでも不用品を出品するのではなく、ほかの人なら役立ててくれるかも?という視点が大切なんですね~。

スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

mer10

2017.2.23

メルカリの発送方法|ギターやベースを梱包する

メルカリでギターなどの楽器を購入する人が増えています。楽器って見れば見るほど欲しくなって、ついつい手が出てしまいそうになりますね。 出…

ページ上部へ戻る