メルカリで再出品する方法とタイミング

110558

メルカリに出品したけど、商品が売れ残ってしまう場合があります。

これはもう仕方のないことなのですが、季節的に売れない・・というものもあるでしょう。

私は一度出品した商品は、値下げを行うなどして、できる限り再出品しないようにしています。

なぜなら、メルカリには再出品という機能がなく、手間と時間がかかるからです。


【メルカリで再出品する方法】

メルカリでは、一度出品を取り消してしまうと、再度新規出品をするしか方法がありません。

売れるようにと願って一生懸命スマホで入力したコピーも無駄になります。

もう一度同じような文章を書けと言われてもなかなか難しい・・。

ということで、私はどうしても出品を取り消さなくてはいけなくなったとき、必ずスマホのメモ機能を使って、商品の紹介文をコピーして取っておくようにしています。

そうすれば、再出品をするときに、そのメモをコピーすればOKになります。

ただ、売れ残った商品は、また売れ残る可能性が大であることも含んでおかなければいけません。

できれば再出品する前に値下げを実施して、売れ残りが発生しないようにするのがポイントになると思います。


◆再出品のタイミング

季節ものの商品の場合には、再出品のタイミングも重要になります。

例えば、秋に売りたい商品ならまだ暑い夏のうちに出品しましょう。季節で考えれば、その前の季節にあるうちに出品しておくと良いと思います。

実は、検索で商品を探している方は、夏なら秋の商品を、冬なら春の商品を探していることが多くあります。


◆時には赤字も覚悟して

商品が売れるか?売れないか?これは出品者がコントロールできるものではありません。

できる限り売れやすい商品をリサーチすることはできても、確実に売れて利益が出る保証はどこにもありません。

時には一部の商品について、赤字も覚悟して思い切った値下げを実施する必要性もあります。

全体として利益が出ているのであれば、なおさら売れた実績を積み上げて、良い評価をもらうことです。

フリマといっても、ノウハウはその辺にあるお店と同じです。

売れ残った商品は、「現品限りセール!」とか、「処分価格!」とか、それなりのPRは必要になります。

ずーっと同じ商品が掲載され続けることが無いように、しっかりと管理して購入者の満足度を向上させましょう。

スポンサーリンク
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

087686

2017.6.13

メルカリで出品できない商品とローカルルールについて

メルカリは気軽にフリマに参加できることで、最近ますます活気づいてきました。一方で現金をそのまま出品する等、倫理的にどうかと思われるような商品…

ページ上部へ戻る